バイアグラジェネリックには錠剤以外にも色々ある

バイアグラはジェネリックが多数販売されていますが錠剤のものが多く、服用する際水が必要となります。小さい錠剤であれば飲み込みやすいのですが、そうでない場合はピルカッターなどで割って飲むケースも出てきます。錠剤は品質の保存性が高くて携帯に便利であることがある反面、飲みにくくまた胃で溶けにくかったり、溶けるのに時間差が出てくることもあります。

これを少し改良したような発泡錠というものもあります。これはあらかじめ水の中に入れて溶かしておき、それを服用するというものです。見た目は大きいですが、水に溶かしますのでジュースを飲んでいる感覚で服用でき、実際にフルーツフレーバーが付加されているものもあります。水に入れた瞬間から発泡が始まり、溶けていき、錠剤よりも即効性があって飲みやすいのが特徴です。噛み砕いて服用するものもあります。

これは口の中に入れ噛み砕き唾液で溶かして飲み込むタイプです。万が一噛まずに飲み込んでも問題ありません。唾液だけで溶けますから場所を選ばず服用できる特徴があります。他にはゼリー状のタイプもあります。ゼリー状になっていますので飲み込みやすく、体内に早く吸収され即効性があるという特徴があります。

これにも各種のフルーツ味が施してあり、飲みやすくなっています。1つずつパウチ袋に入っていますから携帯性に優れていて、財布などに入れておいたときにも中身が圧力によって漏れ出すこともありません。錠剤に形状が似ているものには、トローチ状になっているものもあります。浮き輪の輪っかを小さくしたような形状で、お菓子のように口の中に入れ、噛み砕いて服用することができます。実際に味が付いていて舐めて溶かすこともできますから、錠剤タイプより早く効果が現れます。移動中など水などの飲みものがないときでもすぐに服用できるので重宝され、見た目もお菓子や、のどの薬のように見えてEDである秘密がバレず、彼女などパートナーをごまかしやすいという面もあります。

相手にバレずに服用しやすいバイアグラジェネリックは

バイアグラのジェネリックはさまざまなものが発売されていますが、バイアグラ同様、服用のタイミングや用法を誤ると正しい効果を実感することができません。バイアグラジェネリックの服用タイミングは、食前または空腹時に、1錠を水またはぬるま湯と一緒に服用することで最適に効果が出るように作られています。この用法が一番いいパフォーマンスが発揮できるようになっています。

ですから性行為1時間前が服用の目安とされていますが、事前の食事に肉や中華料理などの油分の多い食事をしてしまうと、胃や腸の内壁に油膜が付いてしまい有効成分の吸収を阻害され、パフォーマンスが発揮できないこともありますから注意が必要となります。食事は摂らないことが望ましいですが、それだと彼女などのパートナーに怪しまれますから、どうしても食事を摂る必要があるときは、うどんやそば、寿司などの油分の少ないものにし、食後に服用することがある場合は少なくとも2時間前後は間隔をあけたほうが良いでしょう。

なお服用後は30分くらいで血液中に吸収されますから、その後は好きなものを食べても問題はありません。しかしながらバイアグラジェネリックに関わらず、薬を飲むという行為・動作というのは日常生活ではあまりないことで、パートナーに怪しまれずに薬を飲むことは難しいといえます。上記の、一番効用のある服用タイミングを見計らいながら錠剤を飲むことを避けるには、錠剤以外のゼリー状のジェネリック、あるいは最初に水に溶かしておいて、その水を、ここだというタイミングで飲むという動作ならば彼女やパートナーに怪しまれないと考えます。

あるいはお菓子やのどの薬のように見える、輪状のジェネリックを使用することもいいかもしれません。これだと口に入れても噛み砕いて飲み込まなければ薬の効果は発揮されませんから、間違ったタイミングと感じたら吐き出せばいいのです。やはり、おすすめはゼリー状のジェネリックでしょうか。これだとスポーツ用のなにかの栄養補給剤のようにしか見えませんから自分のEDの秘密がバレなく、怪しまれないと思われます。