バイアグラジェネリックは病院で処方してもらえるか

バイアグラは、世界で最も知られているED治療薬の一つとされています。このバイアグラにはジェネリック医薬品もあります。バイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラと全く同じ成分が配合されているのですが価格についてはバイアグラよりお安く購入することができるため、注文する人は多いです。

病院の薬剤師バイアグラは、通常においては病院で処方してもらうことができます。では、バイアグラジェネリックについては同じく病院で処方してもらうことが可能なのかは気にする人は多いことでしょう。結論としては、バイアグラジェネリックについては病院での処方はありません。さらには、国内の薬局やドラッグストアなどで購入しようとしてもおいていませんので探しても見つかりません。

病院で取り扱っているのはバイアグラの正規品のみとなっています。それも病院での処方の場合単純に入手できるわけではなく、まず診察を受ける必要があることを留意する必要があるでしょう。診察の結果によってバイアグラの処方の可否が判断され、問題がなければ処方されるというわけです。

病院や薬局でバイアグラジェネリックを取り扱っていない理由としては、まだ日本国内においてはバイアグラジェネリックに対する考えが欧米ほどには浸透していないためです。新薬の場合においては開発・研究のために多額のコストがかかる点から、価格が高くなってしまう傾向が強いです。しかし、ジェネリック医薬品であればこうしたコストがかからないことで安く入手することができます。

日本国内においても今後ジェネリック医薬品に対する認知度や安全性について確保できると判断されれば病院での処方ができると思われますが、今のところはバイアグラは正規品のもののみが病院で処方されています。以前よりはバイアグラそのものを手に入れることはできやすくなっては来ていますが、費用面で考えると健康保険がやや高めであることが課題の一つといえるでしょう。

バイアグラやジェネリックは通販サイトで販売している

バイアグラジェネリックはどこで購入することができるのかについてですが、主に通販サイトで販売されています。ただ日本国内の通販サイトでは販売されていませんので、海外の通販サイトまたは個人輸入代行業者から個人輸入をすることで入手することが可能です。またバイアグラの正規品についても通販サイトで販売されていますので、慣れている人にとってはこちらのほうが良いと感じる人もいます。

海外の医薬品を扱う個人輸入代行業者では、一般的な通販サイトと同じような感覚で購入することができ入手方法については容易です。価格についても病院で処方してもらうときよりも安く購入できる可能性は高いです。ただ、利用するにあたっては覚えておくべきこともあります。

まず偽物のバイアグラやバイアグラジェネリックの品をつかまされることが無いようにする必要があります。個人輸入代行業者のレベル差は大きいため、きちんとしている業者で購入しないと後々トラブルになってしまう可能性もあります。個人輸入は基本的にはどのようなトラブルになったとしても自己責任の側面があるため、不安があった場合にはできれば入手することは控えるようにしたほうが良いでしょう。

もう一つは、薬事法についてです。個人輸入した品を勝手に販売することなどは法律で禁止されています。ですので、人に簡単に渡すことについてはトラブルを避けるためしないようにしましょう。自分が大丈夫であっても、他人が大丈夫であるとは限りません。

必要なこととしては本物を見たことも無い人が、個人輸入で購入するのはリスクが大きいです。本物を知っているかどうかで対処方法も大きくなります。まずは話すのが恥ずかしいという気持ちもあるかもしれませんが抑えて医師と相談して本物のバイアグラやバイアグラジェネリックがどのようなものであるかを知っておいたほうが良いでしょう。

個人的なことなのでやはりおすすめとは言えませんが私は『ネット総合病院』というところでバイアグラを通販したことがあります。効果はあったと思うので偽物ではなさそうです。お金は払ったのに商品が届かないという悪徳通販業者もわんさかいるみたいなので購入には十分注意したほうがいいです。